2008年12月01日

兄より優れた弟なぞ存在しねぇ!!

やっぱり三男はジャギなんでしょうか。ケンシロウになったり……はしないかあ。四男に期待するべきなのかもしれません。

閑話休題。

余りにも今更ですがチェインさんと梅さんの新刊を手に入れました。
以下感想。

八雲+子霖 紫のゆかりの物語
チェインさんの新刊です。タイトル通りにゆかりんと子ー霖のお話。
前回よりもP数も増量で、大変美味しい内容となっています。
ゆかりんと子ー霖が可愛いのは勿論のこと、橙もプリンセス天狐もフェニックス妹紅も子慧音も可愛いです。全キャラともいいます。
またほぼ全てのページにネタが仕込まれており、二つの意味でニヤニヤすることは必定。
またこういう言い方は失礼かもしれませんが、前回と比べると恐ろしく漫画力が跳ね上がっており、この短期間での成長を考えると次作の出来は如何ほどかと今から期待で胸が膨らみます。
興味が少しでもある方は買って損はないでしょう。通販でもまだ在庫はあるようなので是非とも御一考を。
完売してしまったみたいです。チェイン先生の次回作にご期待下さい!

ながめつるけふはむかしとなりぬとも
梅さんの新刊です。唐突に始まった温泉(略)本部の会議の様子の間に、昔話を挟むという面白い構成のお話です。
それぞれが単品でも通じるお話でありながら、それらを混ぜる構成にすることによって読後感の誘導をさせるという巧みの構成。ぱっと流して読んでしまうと気が付かないほどに構成の妙が際立っています。
この人が中篇・長篇書いたらどんなものになるのだろう、などと夢想しながら気が付くと何度も読み返していました。
魔理沙と霖之助は当然のこと、脇役ながらアリスにも非常に力が入っているのでこの三人が好きなら楽しめること相違ないでしょう。
在庫僅少とのこと。ご購入はお早めに。完売してしまっているみたいです。次の例大祭をお楽しみに。

閑話休題。

●モーニングで連載中のチェーザレ
という漫画を読んだのですが、これが面白い。今まではマキャヴェッリと妹萌えという偏ったキーワードくらいでしかしらなかったのですが、人物像に巧みに肉付けをしており、読んでいく内にグイグイと引き込まれていきます。正直最初は女性らしい線の細い絵に余り好感を持っていなかったのですが、読み勧めていくうちに全く気にならなくなるどころか寧ろ好きになってしまいました。
全六巻(以下続刊)を読み終えてさて連載中の物は、と思ったら休載中でヘコんだりしましたが、連載に追いつくには良いチャンスです。歴史物ということで抵抗感のある人もいるでしょうが、是非一度読んでみてください。

●SS更新
といっても拍手を纏めただけですが……。

●リンク追加
帰納の飛躍 様
ギュルヴィさんのSSブログです。
最近ブログを開設されたみたいですが、既に何本もSSがあります。ここと違って更新ペースも非常に早く、これからに期待大です。

以下拍手レス
続きを読む
posted by sei at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。